インプラント

インプラント希望される患者様へ

一昔前は歯を失った場合、そこに歯を補う方法は限られていました。
今は歯科医療の進歩によって、多くの方が綺麗で機能的な歯を持てるようになりました。
美しい笑顔を取り戻すために、いまはインプラント治療という選択肢があります。


インプラントとは

虫歯や歯周病など様々な原因によって、自分の歯を失ってしまった場合、なくなってしまった歯の部分を補う治療を行います。入れ歯やブリッジの他に、歯を補う治療としてインプラント治療があります。
インプラントとは、顎の中に埋め込まれる純チタン製の小さなネジで、50年以上も研究、開発されている技術です。


インプラントのメリット、デメリット

失った歯を補う治療方法には大別して三つの方法があります。



一つ目は取り外しの入れ歯で、噛む力を主に歯肉や粘膜で受け止める方法です。
保険が適用されるため安いですが、取り外し式のため見た目が悪く、違和感が強く出る場合もあります。

二つ目は固定性のブリッジで、噛む力を隣の歯で受け止める方法です。
入れ歯に比べ固定性のため、取り外しの手間はなく違和感も少ない場合が多いです。 しかし、ブリッジを入れるために隣の歯を削る必要があり、また隣の歯に強い負担がかかり、将来的に隣の歯が割れてしまうこともあります。

そして三つ目がインプラントです。人工の歯根を顎の骨に植え込み、噛む力を骨で受け止める方法です。インプラントは、取り外しの入れ歯と比べて、着脱のわずらわしさがなく、異物感が少なく、審美性に優れ、入れ歯のバネがかかる歯への負担がありません。ただし、他2つと比較すると費用が高くなり、また外科的な処置が必要になります。

安全なインプラント治療

インプラントの素材には多くの種類がありますが、当院では医療用の純チタンでできた「ストローマン・インプラント」を使用しています。
スイスのストローマン社で製造されているこのインプラントは、ITI(International Team for Oral Implantology)という口腔インプラント学についての 国際研究団体による科学的理論に基づき研究開発されたものです。

35年以上にわたる世界トップクラスの実績と科学的研究に裏付けられたストローマン・インプラントは最も安心できるインプラント材料の一つと考えられます。


インプラント治療の流れ

① カウンセリング

初回ご来院時に簡単なレントゲン検査を行い、ご要望をお伺いします。
そこで概ねの治療計画・期間・費用に関する説明を行います。

② CT撮影

初回ご来院時に簡単なレントゲン検査を行い、ご要望をお伺いします。
そこで概ねの治療計画・期間・費用に関する説明を行います。

③ コンサルテーション

精密検査で得られた結果を基に、具体的な治療計画を提示します。診断結果をもとに、一人一人の治療方法やそのためにかかる費用を説明します。
治療に関しては、患者さんにも現在の状態や治療計画をよく理解して頂いた上で、治療を進めて行きますので、疑問・質問等は何でもお聞きください。

④ インプラント埋込手術

インプラントの埋入手術を行います。
インプラントは個室での手術となります。万全の設備と技術スタッフにより、より安全でより正確なインプラント治療を行っております。

⑤ メインテナンス

ご自身の歯と同様にインプラントもメインテナンスが必要となります。 インプラントは歯と違い虫歯にはなりませんが、汚れた状態で放置しておくことで歯周病のような症状を呈することがあります。
費用と時間をかけて行ったインプラントが患者さんのお口の中で長く機能できるように、処置後はメンテナンスに通っていただくことが非常に重要です。


インプラント治療Q&A

<Q1>インプラント手術は痛いのですか?

手術は局所麻酔をかけて行いますので、痛みはありません。しかし、インプラントの本数や骨の状態によっては術後に多少の腫れや痛みがある場合はございます。痛み止めのお薬も出させていただき、数日で落ち着いてきます。

<Q2>インプラントは一生持ちますか?

現在使用しているタイプのインプラントも臨床応用されて30~40年しか経っていません。しかしインプラントは適切な口腔管理の下であれば、10~20年は持つと言われております。
またインプラント治療の処置後、口腔全体の管理やケアを適切に行うことにより、さらに長持ちさせることができます。

<Q3>インプラントは自分の歯と同じく噛めますか?

インプラントは自分の歯に近い感じで噛むことができます。全く同じというわけにはいきませんが、入れ歯やブリッジと比べ格段に噛みやすくなります。

<Q4>インプラントは自分の歯のように虫歯や歯周病にはなりませんか?

インプラントは虫歯にはなりません。しかし、歯周病のようにはなる可能性があります。そのため適正なブラッシングと定期的なメインテナンスが必要となります。

その他ご質問があればご気軽に担当医にご相談ください。

PAGE TOP